核兵器禁止条約の署名・批准を求める行動


三重民医連の平和委員会が、地域の団体とともに準備した、
「核兵器禁止条約の発効日行動」が1月22日(金)の
12時30分からおこなわれ、20名の職員が冷たい雨が降る中、
横断幕・プラカード・のぼりをもって、訴えました。
信号待ちの車の中から、じっと見つめてくれるドライバーの姿や
昼休み中の工事現場の人たちが振りかえっていく場面もありました。
平和委員会では日本政府に条約の批准を求める署名を、多くの人に
訴え集める取り組みを継続していきます。
2月は「Winter平和行進」と銘打ち、三重から長崎までの
991kmを歩数にして198万歩をめざす取り組みを呼びかけています。